化粧品の節約・生活の知恵 19

1.酢でスベスベに
日頃台所や仕事や掃除などで、あかぎれやひび割れでお悩みの方。そんな時は、酢が効きます。洗面器などに数滴、酢を垂らして酢水を作ります。その中に手を浸すだけ。滑らかな、スベスベの手になります。

2.マスカラを使い切る方法
残り少なくなってきたマスカラは、なかなかブラシでは取れないのでは?そんな時は、マスカラにスポイドで化粧水を垂らします。そうすると、キレイに使い切ることが出来ます。年間約2400円節約

3.足のむくみをとる
立ち仕事などで足がむくんだときは、自宅で簡単フットマッサージを・・・。洗面器などにぬるま湯を張り、一つまみの塩を入れます。この中に足を浸すだけで疲れがスッキリ取れます。入浴時にマッサージすると効果的です。

4.しっとりお肌に・・
洗面器に水を入れ、ペットボトルのフタ1杯分のミョウバンを入れましょう。この水で顔を洗えば、しっとりお肌になります。ニキビ肌にも安心です。

5.顔のむくみには
出がらしの紅茶バックを軽く絞って気になる顔のむくみ部分に5分くらいのせます。0カフェインには肌を引き締める効果があり、1週間続けるだけで、きめの細かい肌が戻ってきます。ただし、肌の弱い方はおすすめ出来ません。

6.自宅でホームエステ
洗面器などに熱湯を張り、頭からタオルをかぶって、洗面器に顔をかざしてみましょう。自宅で簡単ホームエステできます。

7.ラップパックで潤い肌に。
肌のかさつきが気になったら、ラップパックでお手入れしましょう。まず、かさつき部分にたっぷりと乳液を塗ります。その上からラップを巻いてしばらく待ちます。その後、乳液やローションで肌を整えると潤いのあるお肌になります

8.ニキビができたら
ニキビが出来ても酢水さえあれば、大丈夫。洗顔のときに、すすぎの水に酢を小さじ半分くらい垂らします。酢の殺菌作用で清潔な肌になります。よくすすぐように気をつけてください。

9.アイブローペンシルで節約
眉墨がなくなったときの節約方法です。ワインのコルクを墨状になるまで燃やして使う。コルクで作った眉墨は描き心地もなめらかで市販の眉墨とほとんど変わりはありません。描くときは小筆や綿棒を使えば仕上がりもGOOD。年間約6,000円節約

10.手作り化粧水で節約
普通の化粧水ではお肌が荒れてしまう、敏感肌だから・・・っていう方にオススメなのが 手作り化粧水です。
【材料】・水(精製水)、100m・尿素、小さじ1/2 ・グリセリン、小さじ1
年間30,000円の節約になります。
ちなみに私は【ポイント8倍★5日間限定!】グリセリン 植物性 植物性グリセリン 473ml NOW/美容・コスメ・香水/スキンケア/化粧水・ローション■P8【4/28(金)10時迄】を使っています。


11.はちみつパック

強力な保湿効果があり、はちみつに含まれているビタミンB群はエネルギー代謝を良くしたり、肌荒れを整えたりする作用があります。保湿ケアと美肌ケア期待できます。少量のお湯で溶いて顔パックするだけ。

12.重曹クレンジング
重曹をいつも使っている洗顔や石鹸に一つまみ混ぜ合わせます。優しく洗うことで重曹がベッタリ皮脂を溶かし角栓をとります。毛穴の汚れや肌のくすみが気になる方にお勧め。古い角質を取り除くので、肌に弾力が戻り、しわなどの老化防止にもなります。

13.卵黄パックでしわ防止
卵黄1個と小麦粉小さじ2程度混ぜ合わせます。洗顔後混ぜ合わせたパックを顔全体に塗り10分程度パックします。卵黄に含まれる成分はアンチェイジング効果が高いので皮膚の細胞を活性化して老化を防止するレシチンやビタミンEが含まれています。しわや肌荒れを防ぐ効果があります。

14.日本酒活用法
美肌・美白・保湿とお肌にとてもいい日本酒。日本酒(2)、精製水(1)、グリセリン(少量)を混ぜたものをしようするとお肌の角質層の角質成分として効果あり。不純物のない純米酒と精製水を使うようにしてください。

15.お風呂
お風呂にコップ2~3杯ほどの日本酒を入れて入浴すると体が温まり湯冷めしにくくなります。 日本酒に含まれるコウジ酸には、シミはほくろの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあり細胞を活性化し、アンチエイジングや保湿効果も!肌に潤いをしっかり閉じ込め、しっとりとした質感の肌質を保ってくれるので美白、保湿効果もあり。

16.オリーブオイルで・・
オリーブオイルに少量の砂糖を加えたものを手に塗り砂糖の粒粒がなくなるまでマッサージします。砂糖のツブツブが無くなったら、ぬるま湯で洗い流します。砂糖のスクラブ効果とオリーブオイルによる保湿効果でツヤやかな美しい手になります。ポンジを石鹸箱に置いておくのです。スポンジに水分が吸収され、石鹸にヌメリが出来ないのです。

17.米ぬかで美白美人になりましょう
米ぬかには セラミドや豊富なビタミンが含まれています。米ぬかは保湿成分や洗浄成分を含み、トラブルから肌を守ってきめを整える効果が期待できるという、昔ながらの美容素材です。
ガーゼに大さじ3~5杯ほどの米ぬかをガーゼで包み、お湯を含ませ、優しくなでるようにマッサージします。年間約3,000円節約

18.パスタのゆで汁でキレイになりましょう。
パスタのゆで汁はぬるめに冷まして、足湯をしましょう。ゆで汁に含まれる『デンプン』が、皮脂汚れの除去に有効なのです!またアミノ酸が新陳代謝を促すので、角質除去にも効果的です。足裏が気になる人はやってみてください。

19.卵の薄皮パックで黒ずんだ毛穴もきれいに
卵の薄皮はヒアルロン酸やコラーゲンが入った天然の美肌成分がたっぷり含まれているので捨てる前に鼻パックに使ってみて下さい。鼻の黒ずみ、角栓がおもしろいほどとれます。


Copyright(C) 節約研究家・Miwa Komatsu official site AllRight Reserved.since 2003.6.22 Design by http://f-tpl.com